FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[上級編] SML-C0101
■相続の勉強は必須?■


これからの保険のセールスには、相続の勉強は必須科目だと思います。

「相続税」対策の話ではなく、「遺産分割」対策、「もめない」対策、「争族」対策、の勉強です。

生命保険という商品は、「人の死」「死後の家族の生活」「人生の終焉の迎え方」に直接関わってきます。哲学的に言えば「いかに死ぬか」は「いかに生きるか」につながるのだと思います。

保険のセールス活動を通じて、多くの人に「幸せな人生」「悔いのない人生」を送ってもらうことが1つの使命だとしたら、相続の勉強は必須科目だと思うのです。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



スポンサーサイト
提案力をつける | 2009-04-28| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編] SML-C0100
■紹介文の文例■


紹介をいただきたい時に、自分を紹介してもらう際の「紹介文」のひな形を作っておいて、それを見せながら紹介依頼するのも、有効です。

文例としては
「実は、○○生命の○○さんという人を紹介したいと思って、電話をしたんだけど…。保険にはもう入っていて、保険の担当者も何人も知っているはと思うけど、この人には一度会っておいた方がいいと思う。無理に勧めることは絶対にしないし、知識が豊富で何よりも親身になってくれるから、今後、見直したくなった時とかに気軽に相談できる人だから…」など。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



紹介契約力をつける | 2009-04-20| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編] SML-C0099
■紹介文を作る■

通常、「紹介をする」ということは、お客様にとっては、煩わしい、面倒な部類のことだと思います。

それでも紹介してくれるのは、人物が気に入った…、他の圧力があった…、などということだと思いますが、面倒なことには変わりありませんので、そこを少しでも改善します。

例えば、自分を紹介する時の文章を書いたペーパーを作り、それを見せながら「もしお差し支えなければ、どなたかに、このように私を紹介していただけませんでしょうか」と紹介依頼するのも、有効です。

紹介文の文例は、次回ご紹介します。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



紹介契約力をつける | 2009-04-09| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編] SML-C0098
■顧問税理士への対応■

法人契約の提案では、提案先企業の顧問税理士への対応をどのようにするのかも、大きな課題です。

1つは、リスクを恐れず、全力でぶつかることだと思います。
「提案先企業の経営を改善するために、自分はこのプランを提案している」という想いを全力で伝えることです。

全力というのは「力む」という意味ではなく、穏やかな口調であっても「強い信念と使命感を持って」という意味です。

もし、顧問税理士と意気投合したり、厚い信頼関係が築けたら、やり易さ10倍です。

「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」ですね。



━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



法人開拓力をつける | 2009-04-02| Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。