スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[上級編] SML-C0100
■紹介文の文例■


紹介をいただきたい時に、自分を紹介してもらう際の「紹介文」のひな形を作っておいて、それを見せながら紹介依頼するのも、有効です。

文例としては
「実は、○○生命の○○さんという人を紹介したいと思って、電話をしたんだけど…。保険にはもう入っていて、保険の担当者も何人も知っているはと思うけど、この人には一度会っておいた方がいいと思う。無理に勧めることは絶対にしないし、知識が豊富で何よりも親身になってくれるから、今後、見直したくなった時とかに気軽に相談できる人だから…」など。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



スポンサーサイト
紹介契約力をつける | 2009-04-20| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編] SML-C0099
■紹介文を作る■

通常、「紹介をする」ということは、お客様にとっては、煩わしい、面倒な部類のことだと思います。

それでも紹介してくれるのは、人物が気に入った…、他の圧力があった…、などということだと思いますが、面倒なことには変わりありませんので、そこを少しでも改善します。

例えば、自分を紹介する時の文章を書いたペーパーを作り、それを見せながら「もしお差し支えなければ、どなたかに、このように私を紹介していただけませんでしょうか」と紹介依頼するのも、有効です。

紹介文の文例は、次回ご紹介します。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━



紹介契約力をつける | 2009-04-09| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編] SML-C0097
■紹介引き出しは顧客満足から■

「契約は力でも取れるが、紹介は顧客満足なくしては出ない」と言われるように、紹介引き出しの決め手は、顧客満足です。

面談の中で、または、面談終了後に次のような言葉が聞ければ、お客様はあなたに満足したと言えるでしょう。

「すごく良かったよ」
「ありがとう」
「君のように分かりやすく説明してくれた人は初めてだよ」
「君のおかげで、納得のいくプランに入れたよ」
「君に会えて良かったよ」

逆に言えば、以上のような言葉をお客様から引き出すことが、紹介引き出しにも大切だということです。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━




紹介契約力をつける | 2009-03-25| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMJ-C0055
■法人契約の紹介依頼■

法人契約の提案で、相手先の企業を訪問している時には、社内を注意深く観察し、取引先や関連会社など、紹介していただけそうな先を探すことも大切。

そして、契約が満足のいく形で締結できた際には、具体的な企業名をあげて紹介を依頼し、その場で電話をしていただき、アポイントが取れればベストです。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

紹介契約力をつける | 2008-05-15| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMJ-C0043
■名指しで紹介依頼できるように■

紹介依頼成功の1つのポイントは、具体的に依頼することです。

例えば、
「どなたか良い方がいたら、ご紹介下さい」よりも、
「ご就職される方がいたら、ご紹介下さい」よりも、
「先日、ご子息の○○さんのご就職先が決まったと仰っていましたが、一度○○さんにご挨拶したいと思うのですが、ご連絡を入れていただくことはできますでしょうか」の方が、効果が高くなります。

このように具体的な名前を出して紹介依頼できるために、日頃の会話を展開させ、アンテナを磨いておくことです。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

紹介契約力をつける | 2008-05-15| Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。