FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[上級編]SMK-C0072
■契約後のコンタクト計画■

契約をいただいた後に、継続してお客様とコンタクトを取ると、顧客満足度も上がり、紹介も出やすいのですが、実際、後からスケジュールを組もうと思うと、なかなか実行できません。

そこで、契約の手続きが完了したら、次の見込客に目を向ける前に、今回の契約者との今後のコンタクトのスケジュールを立てて、それをお客様にも伝えます。

保険セールスでは「新規の見込客を開拓する段階」が一番難しいと言われています。「一度のお客様を一生のお客様にする」ためには、契約後のコンタクト計画が重要です。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

スポンサーサイト
活動力をつける | 2008-05-16| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMJ-C0068
■法人契約先でセミナー開催■

法人契約をいただいた先で、従業員の福利厚生の一環として「マネーセミナー」や「保障セミナー」などを開催すると、従業員を一気に見込客化できます。

コツは、社長に「これからの時代は、従業員にマネープランの基本知識を持ってもらうことが、絶対に良いと思います。会社でそういった知識を学べることは、福利厚生になります。給料を1万円アップすることは難しくても、家計を見直して1万円捻出することはできるかもしれません。そういった知識が従業員の家族にとって大切なことだと思います」などと説くこと。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

活動力をつける | 2008-05-16| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0027
紹介手法だけが優績の道ではない

紹介手法は、大変有効な手法ですが、紹介を積極的に活用されない優績者の方もいます。

紹介手法は、人間関係作りが苦手な担当者には、負担が大きく苦痛になります。
また、点をつなげていく活動ですので、移動距離が長くなり、そういう意味では効率がよくありません。

面で活動すること(地域密着型)を望む人は、エリア決め、徹底的に飛び込み訪問、継続訪問すれば、それでも充分優績者になれます。

まず、自分が望む姿を描いて、そこから逆算して今のやり方を見つけることが一番大切です。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


活動力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0025
個人情報保護法や防災意識の高まりから、見込者開拓のための訪問が難しくなっています。
お客様に面談する時は契約する時とし、そこまでの段階は他の手段でコンタクトを取ることを真剣に考えなければならない時代になって来ました。

ブログも有効な方法のようです。自分という人間を知ってもらう(売り込む)ためのネット上の店舗という位置づけでしょうか。
自己紹介欄には、仕事に対する姿勢、プランニングに対する考え方、日頃の活動で思ったこと、保険の知識や情報、支払事例、また、家族紹介なども良いでしょう。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


活動力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0023
お客様が「この担当者はプロだなぁ」と思う時には、感動が伴います。
ということは、「お客様に感動を与えられる担当者が、プロと認めてもらえる」ということになります。

「感動を与えるには…」「感動を与えるには…」と日々意識して活動すると、そこにいくつものヒントや工夫が生まれるでしょう。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


活動力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMG-C0019
今回は「究極の活動方法」についてです。

セールスの究極の活動というのはどういうものでしょうか。
保ビ研では、お客さまに「ありがとう」と言ってもらえる活動なのではないかと思っています。「ありがとう」という時、その人は幸せです。そして「ありがとう」と言ってもらえた人も幸せです。お客さまと担当者の2人の幸せを生んだのですから、これが究極の活動なのではと思います。

どう活動したらお客さまから「ありがとう」と言ってもらえるか、その方向で考えれば間違いはないと思います。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


活動力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMG-C0016
今回は「アフターサービス」についてです。

「顧客満足は契約後に作られる」という言葉があるように、契約後のサービスによって顧客満足は上昇し、追加契約や紹介契約を生む基礎になります。

アフターサービスにもいろいろありますが、基本は「迅速な対応」と「コンタクトの回数」です。「いつでもお客様の近くにいる」という臨場感を感じてもらうことです。

「何かあったらいつでもご連絡下さい」のメッセージを入れた、オリジナルの年賀状や暑中見舞い、お礼の手紙などは、手間とコストを考えても有効です。

活動力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。