スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[上級編] SML-C0093
■満足日誌をつける■

自分が満足できる毎日を送りたいものです。仕事も家庭生活も。

でも、「自分がどんな時に真の満足感を感じるのか」と改めて問われると、なかなか言葉にできないものです。

「満足日誌」をつけると分かります。
「満足した」「充実した」「感動した」という時だけ、日誌を書きます。

できるだけ詳しく、どういう状況の時に、どういう風に感じたのかを、克明に記録します。

ある程度たまったら、読み返してみると、そこに、自分が真に満足できる状況が、あぶり出されると思います。

きっと仕事にも役立ちます。


━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━




スポンサーサイト
モチベーション力をつける | 2009-02-03| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMK-C0076
保険セールスのヒント【上級編】SMK-C0076

■悩んだ時は、高い所に登る■

悩んだ時は高い所に登って下を眺めると、解決策が見つかると言います。
本当に高い所に登るということではなくて、精神的な高見から自分を眺めるということです。

使命感とか、存在意義とか、仕事から得られる有形、無形なものなどを書き出して、少し時間をとってじっくりとその中に浸って、その後、今の問題に戻ってくると解決策が見つかりやすいそうです。

道に迷った時に上空から見れば、行く道がすぐ分かる。
迷路に入り込んだ時でも上から見れば、出口がすぐ分かる。
…ということですね。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

モチベーション力をつける | 2008-05-16| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMJ-C0044
■「その時」にかける言葉を考えてみる■

生命保険は支払う時がお役に立つ時です。
「その時」に加入者やご家族に、自分は何と言って声を掛けるのかを考えてみると、胸に熱いものがこみ上げてきて、自分の使命がクリアになるかもしれません。

突然の事故や深刻な病気で入院したと聞いた時、病床に見舞いに行った時、「実はもうダメなんだよ」と聞かされた時、葬儀に参列した時、線香をあげに行った時…、本人やご家族にどんな言葉を掛け、どんな話をしますか?

生命保険は、本人や家族が人生で最も辛く苦しい時に、支えになる商品だと思います。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━

モチベーション力をつける | 2008-05-15| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0031
●尊敬できる人を持つ

自分がずっと成長し続けるためには、やはり、自分が尊敬できる人を持つことが大切です。

マンネリ感を感じたり、天狗になっていると感じたり、次のステップが分からないと感じた時など、尊敬できる人の言動が大きな気づきを与えてくれます。

ただ、「心から尊敬できる人」など、そう出会えるものでもないと思います。
「捜す」という努力が必要です。「捜す」という行為そのものが、自分の成長にもなるのだと思います。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0030
●保険セールス担当者の存在意義(レゾン・デートル)

人が避けられない4つの苦しみが「生・老・病・死」だそうですが、保険はその4つ全てに深く関係してきます。

保険のセールストークには、社会保障や職場の保障のこと、ライフプランやマネープランのこと、健康情報や介護情報、セカンドライフ情報などがありますが、これらは、すべて「人が生きる」上で役に立つ知識や情報です。

本来なら、こういった知識や情報は、学校で、義務教育で教えるべきことだと思います。社会に出てから1度も使わないような知識より、ずっと義務教育だと思います。

けれど、学校では教えてくれません。でも、必要です。では、誰が教えられるのか。保険のセールス担当者こそ適任だと思います。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0029
●年に1度、自分の成長度をチェック

成長し続けるためには、指標が必要です。

何を指標にするのか、表彰基準、実績目標、ライバル…などもありますが、「過去の自分を指標にする」のが一番シビアで、理想的かもしれません。

1年前の自分より今が劣っていれば、情けなくなります。逆に、毎年、成長を実感できれば、将来に夢や希望が持てます。

いつチェックするのか、元旦、4月、誕生日、入社月など節目はありますが、気を引き締めるためには、年度の真ん中10月も良いでしょう。慌ただしくもなく、上半期を振り返り下半期の戦略が立てられます。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0028
やっぱり、踏ん張れるのは、仕事への「情熱」

仕事をしていれば、いろいろなことがあります。
お客様のタイプもさまざまで、相性もあります。
社内の上司や同僚とのことに、心を砕き、
会社の方針に納得いかないこともあります。

ささいな誤解が大きな壁を作ったり、
不運や辛いこと、困難も多々ある。

その辛さをはね返して、
日々前向きに進んでいくためには、
やはり仕事への「情熱」がなければ…。

「情熱を持って仕事に当たれば、解決できることは多く、
そこが仕事のおもしろいところ」と言う優績者の方がいました。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMH-C0026
保険のセールスを一生の仕事と考えると少し不安があるという人は、「保険の歴史」を勉強すると良いかもしれません。

保険という商品は、世界中の多くの国で、長い年月、営々と売られ続けています。商品寿命のランキングでは、間違いなくダントツのトップクラスです。

「なぜ、これほど長い間、これほど多くの人に売られ続けているのか、それは必要だからだ」と感じることは、使命感をさらに強くし、聖業意識も堅固なものになります。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMF-C0009
今回は「自分のレベルを上げる方法」についてです。

セールスは最終的には自分との闘いですから、自分のレベルを自分で上げていくことが一番大切です。

そのためには、レベルの高い人に会う、レベルの高い本を読むなどがありますが、相応な時間と労力がかかります。
今やはり便利なのはインターネットです。

インターネットは地域格差や時間帯の制限なく、欲しい情報、触れたい世界を見つけられます。
不得手などと言っていられないセールスをする者には必需品となると思います。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[上級編]SMF-C0004
今回は「ポジショニング」についてです。

ポジショニングというのは、お客様と自分の位置関係という意味で使っています。

具体的に言えば、
お客様にどういうセールス担当者だと思われたいか、見られたいか、ということです。お客様にとってどういう存在になりたいか、です。

この、お客様から見られたい姿が鮮明であればあるほど、自分のいく道が明確に見えます。取るべき戦略や戦術も明確に見えてきます。

人生は、自分のポジションを作り上げる旅なのかもしれません。

━━ 保険セールスのヒント【上級編】 ━━


モチベーション力をつける | 2008-04-23| Trackback:(0) | Comments(-)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。